佐竹クリニック

jr吹田駅から徒歩2分の消化器科・外科クリニック06-6381-0017

がんの
おはなし

私たちの体内では、すべての人に毎日5000個から10000個のがん細胞が生み出されています。

日本ではがんで亡くなる方は増え続け、国民の3人に1人ががんで亡くなるといわれています。
一方、欧米ではここ数年、がん患者さんの死亡率が下がる傾向にあります。先進国の中で日本は異常にがん死亡率が高く、今も下がる傾向が見られないとも言われています。

その原因は日本の保険診療で受けられる「標準的がん治療」の限界にあります。全身に散らばったがん細胞に対しての抗がん剤治療は、がんと闘う免疫細胞(NK細胞)まで殺してしまうのです。また、「薬剤耐性」をもつがん細胞が生き残るため、強い抗がん剤に切り替えてもやがて効かなくなっていくのです。

がんの3大療法(標準的がん治療)

  • 手術
  • 放射線治療
  • 抗がん剤

一口にがんと言ってもさまざまであり、一人ひとりすべて違うものとも言われます。ただ、概ねの傾向として「限局性」のうちに標準治療を受けられた方の多くは命が助かるのに対し、がんが転移性向(飛び散る性質)になってからでは、標準治療だけでは予後は良くありません。

当クリニックでは、たとえ進行・末期がんであっても、がん細胞より圧倒的に多い正常な細胞を元気にすることができれば、あらゆる代謝の活性化・免疫システムの回復・それに伴う自己治癒力の向上が期待できるのではないかと考えています。

患者さんの生命力を傷めず、回復させ、微小分散がんを全身すみずみまで叩くには、体内のがん細胞を狙い撃ちできる免疫細胞、とくにNK細胞を動員するしかありません。
しかし、このNK細胞を使った細胞医療(ANK療法)などの先端医療の多くが保険適応になっていません。このような現状のなかでがんを克服するには、患者さん自身の判断で、保険診療と自由診療をかけ持ちするしかありません。

進行がんは手強い病気です。標準治療をしっかり受け、並行して先端医療も取り入れ、「集学的な治療」により立ち向かっていかないと、なかなか歯が立ちません。
当院では、患者さんの状態に応じて標準治療以外の治療法を提案させていただいています。

当院での2つのがん治療

ANK免疫細胞療法

私たちの体内にいる免疫細胞の中で、がん細胞を攻撃するのはナチュラルキラー(NK)細胞とT細胞の2種類です。とくにNK細胞は正常細胞を傷つけず、相手ががん細胞であれば種類を問わずに攻撃できます。

ANK療法に用いるNK細胞は、人体から取り出したNK細胞を活性化・増殖させたもので、NK細胞が攻撃しないがん細胞はひとつも見つかっていません。また、攻撃の対象となるがんの部位や種類も問いません。

ANK療法では、血液成分分離装置を用いて、5〜8リットルくらいの血液を体外に循環させながらNK細胞を含むリンパ球集団を分離採取します。血液成分の大半は体内に戻しますので、血液が減ることはありません。また、血液中のすべてのリンパ球を取り出しても、血液の外のはその100倍以上のリンパ球が存在しますので、リンパ球が減る心配もありません。

リンパ球の分離採取には準備も含めて3時間ほどかかります。
抗がん剤で血管が痛んでいる方や持病をお持ちの方など、大量の血液を体外循環させることに不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。リンパ球分離採取にあたっては、医師が血管の状態を見た上で診断をしますのでご安心ください。

点滴室

培養細胞は原則、点滴で体内に戻します。NK細胞は全身を巡りながら血管壁から抜け出し、腫瘍に集まって直接がん細胞を攻撃します。
治療日程は、抗がん剤のスケジュールなど、患者さんのご都合にあわせて調整します。原則は2〜3日おきに週に2回の点滴です。

治療費について

保険外診療のため、全額自費となります。
治療回数は面談時に患者さんの状況によって提案いたします。

リンパ球採取によるANK療法治療費用(税別)
12回分点滴治療
360万円
6回分点滴治療
180万円

治療の流れ

  • 面談の予約

    ANK療法による治療を受けるためにはANK療法実施医療機関(当クリニック含む)での面談が必要となります。まずはお電話にてお問い合わせください。

    お気軽にお電話ください06-6381-0017

    面談のお時間は一般の外来時間ではなく、特別に時間を設定いたします。電話による医師との面談はお受けいたしかねます。ご了承ください。面談費用:5,000円/回(税別)

    面談をスムーズに行うため、事前に問診票のご用意をお願いいたします。
    必要事項をご記入のうえ、FAXもしくは郵送にてお送りください。面談日当日にもご持参ください。

  • 面談

    より最適な治療を目指すために、患者さんの病状をできるだけ詳しくお聞かせください。
    できる限り過去の検査データや、現在かかっておられるがんの主治医からの診療情報提供書(紹介状)があることが望ましいですが、主治医に相談しにくい場合もあると思います。そのときは、当院での面談の際に主治医にどう説明すればいいかもご相談ください。まずはお手元にある診療データで結構ですので、面談にお越しください。

    患者さんの状態や、保険診療期間に行う標準治療、検査スケジュールにあわせて、より効果的なタイミングでの治療を提案いたします。

  • お申し込み(治療費のお支払い)

    ANK療法の治療提案にご納得いただけましたら、当クリニックへ「治療同意書」をご提出ください。
    お申し込みの際、リンパ球採取の日程調整を行います。

  • リンパ球採取

    患者さんの容体にあわせて「全血採血(当クリニックにて実施)」もしくは「リンパ球分離採取(指定医療機関にて実施)」によって培養に必要なリンパ球の採取を行います。
    採取費用は採取の当日、現地でのお支払いとなります。

    採取に15万円(税別)、検査に1万円(税別)程度かかります。

  • 培養

    リンパ球の培養にかかる期間は治療回数やリンパ球の採取方法によって異なります。

    • リンパ球分離採取12回治療の場合:3週間
    • リンパ球分離採取6回治療の場合:2週間
    • 全血採血:治療回数にかかわらず4週間
  • 点滴治療

    培養によって増殖・活性化したリンパ球を点滴で体内に戻します。
    点滴毎に費用として、10,000円(税別)がかかります。

    標準治療期間は12回治療の場合、6週間です。治療間隔は週2回が目安ですが、患者さんの状況によって調整いたします。

  • 副作用(副反応)

    免疫細胞療法の場合は副反応と言います。ANK療法の点滴後には様々な免疫副反応が生じ、その出方も人により様々です。
    そのなかでも、ほとんどの方に生じるのが発熱で、その次に多く見られるのが悪寒です。ただしいずれも一過性のものです。
    詳しくは医師にお尋ねください。

超高濃度ビタミンC療法

当院では、進行・末期がんの患者さんには、超高濃度ビタミンCの点滴とANK免疫細胞の併用療法を行なっています。ビタミンCの化学療法(抗がん剤)による骨髄抑制(免疫力の低下)の軽減作用、免疫賦活作用による体内NK細胞の覚醒・活性化(がん免疫抑制からの解放)、さらには、ビタミンC自らが持つ強い酸化力(H2O2の発生)によるがん細胞の破壊を期待し、ANK免疫細胞とあいまってがん細胞を一網打尽にすることを目標にした治療法です。

ビタミンCは、私たちの体の中で行われるさまざまな代謝の過程に必要となる人の生命維持に不可欠な物質です。しかし、健康な人と比べると、がん患者さんは体内のビタミンC量が少ないと言われています。

また、点滴を何回も重ねて受けることで、体内のビタミンC量が徐々に上がっていくことも確認されています。

高濃度のビタミンCを大量に投与し血中濃度を上げると、ビタミンCは血管から細胞外に浸み出します。がん細胞はそのビタミンCを栄養だと勘違いして吸収します。
その際に、ビタミンCは酸化され、大量の過酸化水素(H2O2)を発生させます。正常細胞はカタラーゼという酵素のおかげで過酸化水素を分解することができ、影響を受けることはないのですが、がん細胞はカタラーゼが欠乏しているため、過酸化水素を中和することができず、がん細胞のDNAやエネルギーをつくる解糖系が阻害され、破壊に至ります。

点滴投与後およそ1時間でビタミンCの血中濃度はピークに達します。細胞培養中のビタミンC濃度が350〜400mg/dlに達すれば、ほとんどのがん細胞が死滅することがわかっており、この数値を目標に点滴量を決定していきます。
すなわち、ビタミンCは自然の抗がん剤であり、同時に免疫力を高める働きもあります。

標準的3大療法(手術・放射線・抗がん剤)との併用の場合、ビタミンCの効力が化学療法によって消滅することはありません。また、標準治療で効果がみられない、標準治療の効果を高めたい、寛解期の延長、化学療法・放射線療法の副作用の軽減、QOLの改善を目的とした併用もおすすめです。

治療費について

ビタミンC点滴療法費用(税別)
G6PD検査費用
1万円
ビタミンC点滴費用
1V(25g)
1万円
2V(50g)
1.5万円
3V(75g)
2万円

おわりに

私は、今までの多くのがん患者さんと関わってきました。その結果、がん発症の大きな要因は、精神的ストレス(とくに人間関係)による長期間にわたる免疫力低下であると考えています。患者さんには、がんと診断された時点から3〜5年前を振り返ってもらうと、大抵の場合、長年にわたり大きな精神的ストレスを抱え込んだまま日々を過ごされてきた経緯があります。「当時、どのような精神状態であったのか」「患者さん自身の人となり(性格)、自身の中で習慣になってしまっている"思い"」などを聞かせてもらったうえで「自身を見つめなおす」お手伝いをさせていただいています。そして、患者さんが心のなかのいろいろな"気づき"が意識化されることにより、人間関係が修復し、その結果、精神的ストレスがなくなり、免疫力がアップすることで、病気が飛躍的に回復するケースも見られます。当院を受診される際には、ご遠慮なくお声がけいただければ、じっくりお話を聞かせていただきます。